TOP > エジプト紀行 > 旅行記1日目
1日目(5/4)

エジプトへ旅立つ

 衝動的に申し込んだエジプト旅行がいよいよ始まり。
フライトは15:30で、13:00に成田空港集合。
9時には家を出る予定が結局出たのは10時だった。
それでもGWの最中でしかも終盤だからか、空港への道はとても空いていて、わりと早く着いた。
まずは軽くお茶をして、集合時間の13:00まで時間を潰す。成田空港はいつになく空いていた。それと一応懐中電灯を買っておいた。ピラミッドの中では暗いから買っておいた方が良いとガイドブックに書いてあったので。


海外旅行に行く前に時刻表を見るのが
大好き。海外りょこう〜♪って感じで。

空港はとても空いていた。

 13:00、HISの窓口に並ぶ。ほかのツアー客もぞろぞろやってきた。ここで、現地空港税1680円とビザ代25$を2人分払った。
 チェックインをした後13:30に再びツアー客全員で集合。全部で17人の参加で、内訳は新婚さんぽいカップル×3組(僕らも含む)と、母娘3人組、家族4人組、おばさん2人組、そして1人参加×2だった。
そういえば僕が始めて海外旅行をした時も添乗員付きのツアーであったが、その時は、バスいっぱいの参加者で、しかも殆どが年配の方で終始圧倒されていた記憶がある。そういう意味では今回は年齢の近い人が多く、気楽に過ごせそうだ。

 さて、チケットを貰い、早速ゲートへと移動する。
空港が空いていたので予想はしていたが、出国審査が異様に空いていた。というか誰も並んでいなかった。いつもこうだといいのにな。
 あっさり出国審査を終えると奥さんは当然のように免税店で買い物。免税店の化粧品臭さが嫌いな僕は、荷物をもってぶらぶら。免税店前に展示してある偽物のカバンとかワシントン条約に触れる動物とかを見ながら買い物が終わるのを待つ。そういえば去年ハワイに行ったときと全く同じだ。別に偽物のカバンなんか見たくないんだよね。
早く買い物終わってくれって感じ。

で、買い物終わってめでたく搭乗口へ。
おっ、見えてきた見えてきた。白のボディにブルーのホルス神のマークの垂直尾翼のが見えてきた。エジプト航空の機体だ。
カッコイイねー。

そしてついにエジプトへと飛び立った。
離陸して一時間ほどすると早速機内食が配られた。何飯だ?
普通はまずつまみとビールで幕が開けるはずの海外旅行だが、今回はいきなり食事だ。
どうせエジプト航空はアルコールを出さないので、ビールは飲めないのだが。
   
昼飯を食べていなかったので、なんだかんだでペロリと平らげる。
さあて、腹も満たし本でも読むかということでスポットライトをつけようとしたらつかない。
乗務員に言うと、機会の調子が悪くて後ろ半分くらいの席はどこも付かないらしい。なんだそれ。
アルコールは飲めないし、暗くて本は読めない。さらに悪いことに機内放送も音が悪くて聴く気がしない。
仕方がないので眠ってみたり、プロジェクターで移された世界地図上の飛行機をずうーっと眺めながら過ごした。
超退屈なままの14時間のフライトはかなりこたえた。

現地時間24時前、ほぼ定刻どおりカイロ空港に到着した。
そこで気づいたのだがガイドブックがない!!
席が空いていたので移動したのだが、移動前の席にも見当たらない。
やばい、あれがないと自由時間とかどうしようもないじゃん。
飛行機を降りた後、駄目もとで添乗員さんに言ってみた。
なんだよ、いきなり紛失かよ!!って思っていたら現地の職員がニコニコしてやってきた。
意外にも見つかった。ふうー、良かった良かった。一安心でした。

 ツアー客専用のバスに乗り、ギザのホテルへと向かった。
途中、バスの車窓からうっすらとライトアップされたピラミッドが見えた。
生まれて初めてピラミッドとご対面だ。
 しばらく眺めていると、ある時見失ったまま、見えなくなってしまった。おそらくライトアップが終わったのだろう。
 まあ、明日ゆっくり見れるのでいっか。

 25:00、ようやくホテルに着いた。この日泊まるのはモーベンピックリゾートだ。
部屋はクーラーがガンガンに効いていてとても寒かったので、暖房にした。カイロに来ていきなり暖房をつけることになるとは・・・。
   翌朝は7:15出発なので急いで寝た。

  2日目へ >>