ハワイ旅行記2006 6日目
TOP > ハワイ旅行記2006 > 6日目

ハワイ旅行記2006 6日目(10/25)

ヨガとかサーフィンとか 

ついにハワイ最終日。
8時からJAL主催のヨガ教室を予約していたので、モアナサーフライダー内のホノルルコーヒーカンパニーで朝食を買ってワイキキビーチで食べた後、集合場所のオハナワイキキビーチコマーに向かった。
僕ら含めて参加者は6人。

そろそろ集合時間、という時にうちの奥さんがトイレへ行ってしまった。
その直後にヨガの先生登場。各自ヨガマットを受け取り、トイレにいったっきりの人をみんなで待つことに。
しかもこういう時に限って長い。というか他人まで待たせてるせいで僕は相当長く感じた。
ややイライラ気味の僕を見て、ヨガの先生はカタコトの日本語で、
「アロハタイム、知ってる?」
「ハワイでは時間がゆっくりながれているんだ。だから遅れても気にするこないんだ。」
って思いっきりフォローしてもらった。

全員揃うと、みんなでカピオラニ公園まで歩いていった。
ヨガ初体験。
結構ソフトな感じだったのか僕にはストレッチ体操のように感じられた。でも朝のカピオラニ公園で体操するのはホント気持ちがいい。海も見えるしね。
他の観光客が、ヨガする僕らを写真に撮っていたのはやや気になったが。
ヨガではないけれども、僕らの隣で小さい子連れのママさんたちが集まってエアロビみたいなのもやっていた。
カピオラニ公園は地元の人にとっても、まさに憩いの場になっているようだ。

ヨガが終わると、再び集合場所まで戻り解散。パークショアに泊まってる僕らはカピオラニ公園で解散の方が近くていいんだが・・・。
で、僕ら夫婦もそこで解散。奥さんは前日やり残したレイメイクを、僕はホテルに戻って荷物置いてから1人でワイキキビーチに向かった。

ワイキキでサーフィン

いよいよサーフィン。
そう、今回のハワイ旅行が決まってから、ちょうどその頃はじめたサーフィンをハワイで楽しめるようになるために頑張って週末は湘南に通ったんだ。足の具合も悪くないし、今回の滞在の中でも最も天気が良い。

サーフボードはワイキキビーチで借りた。9フィートのロングボードに乗りたかったのだが、なかったので仕方なく10フィートにした。2時間で15ドル。いつも日本で乗っているものよりも、長い上に分厚くて随分重かったが、まあ、波に乗るのはこっちのほうがラクそうなのでいっか。
 ボードを借りると早速目の前のビーチからゲッティングアウト。ボードがデカイので安定はしているんだけど、幅も広いので肩から廻す事が出来ずにやや漕ぎにくかった。沖に向かってワッセワッセと一生懸命パドリング。
そこそこ沖に出ると、海とダイアモンドヘッドが本当に綺麗に見えた。視界をさえぎるものは何もない。
さらにパドリングをして他の初心者がやっているポイント近くまで来ると、初心者を教えている怪しい地元のサーファーに声を掛けられた。
「ハジメテデスカ? 1ジカン、10ドル!!」
波にアップアップしながらパドリングをしている僕の姿を見て未経験者だと思ったんだろう。確かにかなり初心者だけど、一応何度か練習して来たのでちょいムカついた。
 ちょうど、その辺りでは、初心者向けのレッスンを受けている人たちが結構いて、そこそこ乗りやすそうな波だったので、僕もそこでやることにした。
何度か波をやり過ごした後、よさそうな波が来たのでパドリングを開始。
ボードがでかく、波も湘南より大きくて乗りやすいためか、難なくテイクオフ出来た。
しかも、いつもよりスピードもあり、距離も長く乗れたのでとても爽快だった。たまたま波の少ない日に湘南でやる事が多かったせいか、随分ハワイは波乗りするのにラクチンだなあって思った。湘南では波においていかれないように必死でパドリングしてたから。
ただし、長い距離が乗れる分、再びポイントまで戻るのが結構辛い。向かってくる波を超えるのが下手なのでかなり体力を消耗した。
ボードの上で休み休みやってはいたが、2時間たってビーチに戻った時はもうヘトヘト。自力でボードを持ち上げるのが辛かった。砂浜をひきずりながらようやく返したという感じだった。





アラモアナビーチパークでシュノーケリング


マリポサのシーフードカレー
 念願のサーフィンも出来、満足な気分でホテルに戻った。
シャワーを浴び、塩水でからからののどを潤すため、ジュースを一気に飲み干した。

少し休憩してから、車に乗ってアラモアナSCに行った。
待ち合わせをしていた奥さんと会い、「マリポサ」でランチすることに。僕はシーフードカレーを注文した。たしかマレーシア風とかだったかな。
このカレー、かなり上手かった。20ドルくらいしたが、値段だけの価値はあったな。今回の旅行はB級グルメが多かっただけにこのカレーは唯一ちゃんとした料理だった。

 ランチを終え、アラモアナビーチパークに向かう。が、ちょっとその前に寄り道。奥さんが水着の上をなくしたとかで、新たに買わなくてはならないのだ。何でなくすんだ?まったくもう、と思いながらも仕方ないのでアラモアナSC内のショップで水着を購入。
そしてようやくアラモアナビーチに向かった。既に午後3時くらいだった。

車上あらしが怖いのでビーチから見えるところに車を置いて、砂浜に陣取った。
妻はゴザを敷いて読書。一方僕はシュノーケリングを装着して、早速海に入る。
最初は浅い所でバシャバシャやっていたが生き物は何にもいない。少し砂浜から離れた所に岩が見え、そこまで泳いでいこうかと考えたが、砂浜から離れると急に深くなって底が見えなくなるので、ビビってしまって遠くにいけない。
足にフィンをつけていたので、難なく泳げる 距離なんだが。
しばらく浅い所でウロウロ泳いでいたが、まったく魚がいる気配がないので、結局勇気を出して岩場まで泳ぐことにした。
といっても数分で着いた。
岩場に近づくと巨大な黒いものが見えてきた。
どうやら岩場と思っていたところは珊瑚の残骸のようだった。
黒くていびつな形をしていて、最初に見たときはかなり不気味だったが、近づいていくと・・・、
な、なんと魚がいいっぱいいるじゃないか!?
こんなメジャーなビーチパークでも、ちょっと泳いだだけでこんなにたくさんの魚がいるとはさすがハワイ。
3日前にいったププケアビーチパークと同じくらい魚がいた。しかも波が押し寄せてくる心配もないのでゆっくり魚を鑑賞でき、とても楽しかった。
しかもこの日はよく晴れていて、日光が水中まで届いていたので綺麗だった。
ただ、もう日が傾いていて、十分明るくなかったのがやや残念。
手軽にこれるんで、次回にまた来ればいっか。
晴れた日の昼間にいったらもっと綺麗に見えたんだろうなあ。

砂浜に戻り、魚がいっぱいいたことを奥さんに報告する。
かなり羨ましそうだったが、日も落ちてきたんで今回は断念。
その後、夕日が綺麗だったので、ビーチで写真を撮りまくった。
が、あとから見たらおんなじような写真ばっかり。それでも何枚かは納得いく写真が撮れた。

アラモアナビーチの綺麗な空
晴れた日は夕日が綺麗に見える


ショッピングセンターめぐり(コストコ・Kマート・ワードセンター)

 ホントは日没までまって写真を撮っていたかったが、時間ももったいないのでシャワーをあびて出発。
だがパークから車を出す時に海岸線に日没の瞬間を見ることが出来た。
で、最終日なので、とりあえず行き残したところを巡る。
まず最初はコストコ。アメリカの会員制の大型スーパーで、日本にも何店かある。
僕らは日本では良く行くが、ハワイのコストコはどんなんだってことで、イヴィレイ店に行った。
ハワイのコストコも日本の会員証で入れる。店内は、やはりハワイということもあって日本にはないでっかいケーキが山のように積まれていたが、その他はそんなに日本と変わらないようだ。日本食も結構置いてあった。

コストコ イヴィレイ店 でっかいケーキが山積み

コストコを後にし、Kマートにいって土産を少し買った後、ワードセンターに行った。ここではホノルルクッキーカンパニーでやはり土産を買い、その後チャウダーハウスで夕食をとった。
最後の晩餐であったが、これがかなりダメダメなお味。今回のハワイ旅行で一番ダメだった。
閉店間際だったからか、チャウダーはかなりドロドロで、パスタは相当のびのびだった。けっしてオススメしません。

そんな納得いかない食事を終え、ホテルに戻り、次の日の帰国の準備をして寝た。


>> 7日目へ