ハワイ旅行記2008 3日目
TOP > ハワイ旅行記2008 > 3日目

ハワイ旅行記2008 3日目(4/28)

朝マック 

3日目は、午前中はカネオヘ湾のツアーに参加する。
8:30ピックアップなので、その前に腹ごなし。最初はEggs'n thingsに行くつもりだったが、起きたのが遅かったので仕方なく、近くのマックへ。と、その前に、ホテルのフロントへ行き、部屋を変えてもらうように行った。やっぱり海真正面に泊まって見たいからね。前日にも言ってあったので、すんなりOKしてくれた。言ってみるものだ。
 アメリカのマックのコーヒーは、アメリカでもかなり評判がいいと聞いていたが、イマイチ。やっぱりアメリカ人はコーヒーの味が分かってないな。

パンとポテト、パティと卵のセット パンケーキ

カネオヘ湾

 8時半、ハイアットの裏でカネオヘ湾のツアーバスにピックアップされた。
今回参加したのは、カネオヘ湾のツアーでもっとも定評のあるキャプテンブルース天国の海ツアー。
数あるカネオヘ湾ツアー会社の中でも、サンドバーにもっとも近づける唯一の会社だ。
途中、渋滞していたが、一時間ほどでカネオヘ湾に着いた。説明を受けたあと、2台の船に分かれてサンドバーへと向かう。15分くらい船に乗っていただろうか、遠くに水色の海が見えてきた。

船で15分ほど行くと深い青の海に突如明るい
浅瀬が見えてくる。
到着。太ももくらいの浅瀬で船から降りる。
ここから歩いてサンドバーまで行く。
この辺りが一番浅いところ。タイミングがよければ砂が
顔を出すらしい。防水カバーに水が・・・。
実は沢山の人が参加している。写真撮るのに苦労した。

 サンドバーから船に戻って、今度はシュノーケリンググッズを借りてシュノーケリング。狭いところに沢山の人が入ったため、他の客に何度も蹴られたが、魚もたくさん見れて楽しかった。もう少し天気が良ければもっときれいだったんだろうな。
 シュノーケリングが終わると、ランチをしながら移動し、カメが出没するスポットに移動。このツアーのもう一つの目玉は、99.9%カメが見れることだ。ま、カメが棲んでいるところにいくんだから当たり前なんだが。
再びシュノーケリングセットを装着し、海へ入る。
しばらくすると、ガイドの人が「ここにカメがいる」と合図を送ってくれる。
すると、みんながいっせいにそっちに向かって泳ぎだす。特に子供が脇目もふらず泳ぎだすので、こっちも必死だった。
なんとかいいポジションをゲットして、カメを見つけ、シャッターを押す。
ハハー、、我ながらいい写真が撮れた。
その後もカメを追い続け、写真をとりまくった。

シュノーケリング。魚も沢山いた。それ以上に人も
沢山いて、何度も蹴られた。
カメ。感動!!

 その後、船に戻り、また別のスポットにカメを見に行った。今度は海に入らず、船の上から見るだけだ。何度かカメが顔を出したが、海の中の間近でみた後だったので、特に感動することもなかったが。

 こうしてツアーは終了。船内では、ずうっと案内役のエリさんのトークでとても楽しいツアーだった。
また、いつか参加してみたい。

ワイオラ・シェイブ・アイス

 ホテルに戻ると、新しい部屋が用意されていた。
今度は海の真正面。
代えてもらって良かった。これで、部屋の中からでも一面海状態だ。

 新しい部屋で、荷物を整えて、カパフル通りのワイオラシェイブアイスに向かった。
お目当ては、アズキボウル。どばっとシェイブアイスの上にアズキがのっかって、その上からココナッツミルクがかけられる。
 ネットで調べたらかなり甘いので、ココナッツミルクは少な目の方が良いとススメられていたので、少し少なめにしてもらうことにした。それからついでにマンゴーのシロップがかかって、中にプリンが入っているものも頼んだ。
 食べてみると、アズキは意外とあっさり味。というかどちらかというとあまり甘くない。味自体はうまいのだが、ココナッツミルクを少なめにしたので、やや物足りない。結局、店員にいってココナッツミルクを追加してもらった。これで味もちょうどバランス良くなって満足。白玉もアズキも手作りっぽくて美味かった。
 プリン入りの方も美味い。氷とプリンは意外と合うみたいだ。

かき氷の上にアズキをペタペタ盛り付ける。 左がプリン入りマンゴーシェイブアイス。右がアズキボウル。


 ホテルに戻り、サーフィンの準備をする。前の日に怪我をしたので、少し気が重かったが、今回の目標は毎日サーフィンすること。なので、海に向かった。MOKUの店員はそんなに波はないといっていたので、長めの板を借りた。波がなかったわけではないが、この日はあまり乗れなかった。

 部屋に戻って、しばらくオーシャンフロントを堪能する。ホントいい眺め。ほぼ180度海が広がっている。超広角レンズがあればいい写真とれたんだろうなあ。といってもしょうがないので、3つに分けて撮りました。写真の美しさはともかく、このホテルの立地の良さは分かって頂けるのでは。

ラナイ左 ラナイ正面 ラナイ右

夜はカカアコキッチン。
ワードセンターにある。マグロのサラダと、チキンのフェットチーネを注文。
マグロは、火が通り過ぎず、ドレッシングをかけて野菜との相性が抜群、パスタは、麺自体がちょっとゆですぎなきもしたが、ソースの味はよく、チキンもたくさん入っていて、ボリュームもあり、これも大満足。
二つともアタリだった。うちの奥さんが旅行前に真剣に調べていったかいがあったな。

マグロのサラダ(Seared Ahi Chopped Salad) チキンのフェットチーネ(Chicken Tequila with Spinach Fettuccine)タロイモパン付き。

 ワードセンターをぶらついたあと、アラモアナのNordStromRackにより、自分は、ベルトを、奥さんは、Tシャツとサングラスを購入。さらにホテルに帰る前にカパフル通りのSAFEWAYによって、MANGOとか買ってホテルに戻った。


NORDSTROM RACK ラナイからみた夜景。夜もいいね。



>> 4日目へ