ハワイ旅行記2008 7日目
TOP > ハワイ旅行記2008 > 7日目

ハワイ旅行記2008 7日目(5/2)

MARIES HEALTH FOODS 

7日目の朝。
まずはサーフィン。
うーん、やっぱりビーチまで遠い。波は少しおとなしめで僕にはちょうどよかった。

朝食は近くのMARIES HEALTH FOOTSで、軽く済ませる。

スムージ チリトマトラップ
 

ノースショアへ

 午前中、ワイキキ周辺で散歩や買い物をした後、午後はノースショアに向かった。
前回来た時と同じの道のりだが、相変わらず写真を撮ってしまううちの妻(↓)。
 

右手にドールプランテーションが見える(R99) ノースの海が見えてきた


 まずはお決まりのマーケットプレイスに行ってみる。
相変わらず、特に見るものもないが、コーヒーの良い香りがしたので、コーヒーショップでコーヒーを飲む。

マーケットプレイス。また来ちゃった。 コーヒーの香りに誘われた。

そして腹も減ってきたので、昼飯。奥さんが行きたがっていたハレイワジョーズへ。
ハレイワジョーズは橋を渡る直前にある。店内は意外と広く、テラス席もあって、天気の良い日は気持ち良い。
僕らは、最初屋内の席だったが、しばらく待っているとテラス席が空いたので、すかさず移動させてもらった。
ちょうど目の前が港になっていて、クルーザーが停泊している。セレブ達の遊び場なんだな。

ハレイワジョーズ。R99から行くとハレイワの橋を渡る直前に
店がある。
エビのフライにアジアっぽいソースをディップ
して食べる。
ハンバーグがちゃんとしてて美味い。とはいっても普通かな。 ハンバーガーのお供にスープも頼んだ。


 食後、海に行くつもりでもなく、来た道を帰ろうかとも思ったが、せっかくなので、とりあえず橋を渡ってみた。
前回ハワイに来た時は工事中で渡れなかったしね。
橋を渡るとすぐのところに左手にSURFN SEAがあった。お、超有名なサーフショップじゃないか。
というわけで寄ってみた。
店内は薄暗いが、サーフィン関連のグッズのほか、Tシャツや小物など、品揃えは豊富。
これでもかというくらい商品が積んである。女の子がサーフボードを持って歩いている絵が、トレードマークのようだ。
僕は携帯ストラップを購入、奥さんはTシャツを買った。

ハレイワの白い橋 SURFN SEA

ドールプランテーション

 ハレイワを後にし、R99を南下してワイキキ方面に戻る。
途中、前回寄らなかったドールプランテーションによってみる。アイスでも食べてサクッと帰るつもりだったが、
奥さんの買い物心に火がついてしまったようで、アロマやら石けんやらを買い出した。うーん、来るんじゃなかった。

ドールプランテーション トッピング付きパイナップルアイス。美味い。

kokua market

 ワイキキに戻り、奥さんがぜひとも行きたがっていたお店、オーガニックのお店、コクアマーケットに行った。駐車場があるかどうか分からなかったので、近くのスーパーに車を止めて歩いていったが、お店に駐車場があるみたいだ。
 ここでのお目当ては、エコバッグ。なんでそんなのわざわざ買うんだ?といいたいところだが、なんか有名らしい。

kokua market 店内の様子


アラモアナ・ショッピングセンター

 何故か今回の旅行では一度もこなかったアラモアナSC。
奥さんの化粧品と、僕のスケボーを探しに帰国前日の夜にようやくやってきた。

 ハワイに行く前から日本でもスケボーを探していたのだが、値段も結構するのでイマイチ踏ん切りがつかなかった。
ところがハワイに来ると気分も開放的になって、ついでに奥さんの了承もなんとかもらえたので、気が変わらないうちに買うことにした。
T&C Surf Designsで、CARVERを購入。このスケボー、サーフィンの練習用に作られたものなで、日本でも結構売れている。
ハワイでは安いと思って買ったのだけど、実際にはトラックが旧型で、 後から日本で調べたら、ネットで買ったほうが安かったみたい。まあいっか。ハワイで買ったという満足感でヨシとしよう。

最後のディナー

 最後の日のディナーは、PUHKET THAI。マッカリーショッピングセンターの1階にある。既に8時半を回っていたが、店内は
ほぼ満員。なんとか2人席が空いていたので、幸運にも待たずに入ることが出来た。
 前菜の盛り合わせ、グリーンカレー、タイガーリック炒めを注文。グリーンカレーとタイガーリックは、メインの具(牛、豚、鶏、エビ等)と辛さを選択できる。具は、それぞれエビと鶏を選択。
辛さを三段階あったので、どちらもmediumにした。

が・・・、この辛さの選択が悲劇を招く。
一口食べた瞬間、「ヤバイ」 そう思った。
辛いのはあまり得意な方ではないが、苦手でもない。しかし、ここはmildを選択しておくべきだった。
前菜は先に食べてしまったので、残るのは激辛の2品。
ご飯を食べながらごまかしつつ、食べたが、辛いのと満腹なのとでギブアップ。
パックに包んでもらって持ち帰ることにした。

チップ入れて約40ドル。
確かに辛かったが、味はグッド。前菜もカレーもタイガーリックも、どれも美味しかった。なだけに、辛さの選択ミスが悔やまれた。
次回もまたこよっと。

PHUKET THAI 入口 appetizer platter(前菜の盛り合わせ)。生春巻き、揚げ春巻き、手作りのさつま揚げ、
green curry(エビ)
ライスは別で注文する。
thai garlic (チキン)
マッシュルーム等の野菜をココナッツミルクで炒める。


>> 8日目へ