イタリア旅行記2007 ローマ市内観光〜スペイン広場・ボルゲーゼ美術館・ポポロ広場

TOP > イタリア旅行記 > 2日目
イタリア旅行記 2日目(4/27)

ローマ市内観光

 
甘いもの好きにはたまらない。
6時半起床。
ホテルに朝ごはんは着いていないので、身支度を整えてホテルを出る。
と、すぐ近くにバールがあって、随分美味そうなパンがあま〜い香りをばら撒いていたので入店。
カプチーノ2つと、パンを2つ。全部で3ユーロ程。物価は高いと聞いていたが、随分リーズナブルだ。パンもボリュームがある割りに味も美味くって、カプチーノもたっぷり。
朝食からご機嫌な感じ。うーん、イタリアっていい国だ。

 この日は、3日間有効のローマパスをテルミニ駅で買う予定だったが、9時まで開かないので、それまで教会の散策をすることにした。

テルミニ駅からまずは共和国広場脇のサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会に始まり、続いてサンタマリアデッラヴィットリア教会に入って見学をした。
 次に9月20日通りを南西に歩いて4つの噴水を通過し、クイリナーレ広場まで行った。
このクイリナーレ広場には、オベリスクが聳え立つ。ただし、ヒエログリフが彫られていないことから、ローマ人の模作だと言われている。
 もう8時くらいだったので、途中サンタンドレア・アル・クィリナーレ教会に寄ってからテルミニ駅に戻った。
テルミニ駅でローマパスを購入し、さっそくそれを使ってメトロに乗ってスペイン階段に向かった。
スペイン階段に着いたのは10時前。既に観光客が結構集まっていた。
 イタリアに何度か来ている妻は、「わー、つつじがさいてるんだー!」って言っていたが、僕には何のことか分からない。どうやらいつもはつつじで埋まってなくって、階段だけらしい。
初めて来たもんで、これのすごさが良く分からなかったのが残念だが、一応良い季節に来たもんだと納得させる。

スペイン広場。つつじで埋まっている。 バルカッチャの船の噴水

スペイン階段の奥の教会内部を見学後、階段を降りてコンドッティ通りを散策した。
この通りはいわゆるブランド街でかなりおしゃれな通りだ。うちの妻も自分の好きなブランドのショップを覗いて品定めをしていた。

改装中のルイヴィトン。シャレてるねえ〜。 コンドッティ通りから見たスペイン広場。

それなりに歩いているためか、少々小腹が空いてきた。
せっかくイタリアに来たんだからジェラートかなと思って、近くのチャンピーニに行ったが、店内に入ると、ずらりと並ぶパニーニの誘惑に負けて結局そこでランチをすることにした。
 ハムサンドと、トマトとモッツァレラチーズのサンド、そしてエスプレッソをそれぞれ頼んだ。だいたい6ユーロ位だったと思う。単なるサンドイッチではあるが、モッツァレラとハムが美味くて、あー、イタリアっていいねーって思ったのだった。
 で、結局ジェラートは他の店で食べるかということで、たまたま通りかかった近くのTHE CAFEという店で食べた。

チャンピーニ。パニーニやジェラートが食べられる。 THE CAFE。ジェラートがズラリ。


アウグストゥスの廟。土日は中に入れるらしい。

腹ごしらえも終わり、次の目的地のアウグストゥスの廟に行った。ここは、アレキサンドリアにあったアレクサンダー大王の墓を模して建造されたもので当時はオベリスクもあったと言われている。さっきまで、パニーニとかジェラートを食べてた所からちょっと歩いた所に2000年も前の遺跡がある。さすがローマだ。今回この遺跡自体への入場が出来なかったのが残念だが、周りをグルッと一周するだけでも歴史を感じられるだろう。ちなみに観光客は殆どいなかった。
ローマにしては地味な遺跡なんだろう。

 さて、本来ならコルソ通りに戻ってポポロ広場まで行くつもりだったが、アウグストゥスの廟を半周ほどした時、13:00から行く予定だったボルゲーゼ美術館の予約番号が書いた紙を持ってくるのを忘れたことに気づいた。
あまり時間もないので、とりあえず地下鉄で、ホテルに戻った。
ホテルからボルゲーゼ美術館までは歩いていったが、これが失敗。時間的に余裕だろうと思ったが、殆ど余裕がなく、途中からはずっと小走りでいくハメになってしまった。これはホントに疲れた。
たしか30分前に来いって書いてあったので急いで30分前に行ったが、あんまり意味なかったみたいだった。汗だくになりながら行ったのにな。ちなみにボルゲーゼ美術館は、規模は小さいながらもベルニーニやカラヴァッジョ等の有名な芸術家達の作品があるが、全く知識のない僕は、正直別にって感じだった。

 美術館を出ると、ボルゲーゼ公園内を歩きながら午前中にいけなかったポポロ広場に向かった。
途中、妻がとても行きたかったレストランがあったので、そこでディナーの予約をしてから、丘を降りて広場に出た。ちょうどその頃雨が降ってきた。
 面白いことに、雨が降ってくると突然どこからともなく傘を売る人たちが現れてきた。さあ、仕事だ仕事だー、って感じで。ところでキミたちさっきまで何やってたの?ってつい聞きたくなってしまう。

ピンチョの丘から見たポポロ広場。天気が良ければ
なあ。っていうかクレーンはないだろ・・・。
サンタ・マリア・デル・ポポロ教会

トレヴィの泉。人がわんさかいた。
 
 雨の中広場で写真を撮ったり、近くのサンタ・マリア・デル・ポポロ教会に入った後、再びコルソ通りを南下して、散策することにした。教会を出る頃には再び天気は晴れていた。

 小腹が空いたので、たまたま通りかかったカフェで一服し、さらにたまたま近くを通ったのでトレヴィの泉にもよった。普通トレヴィの泉はたまたま立ち寄る所ではないと思うが・・・。
 
 これで一応一日目の予定は終わったので、あとはディナーに行くだけだ。荷物も重いし夜景を撮るための三脚も必要なので、一旦ホテルに戻って地下鉄でポポロ広場に向かった。



LA CASINA VALADIERから見た夜景。

 予約したのはLA CASINA VALADIER。ピンチョの丘の上に聳え立ついかにも高級そうなリストランテだ。
僕らが注文したのは、前菜でタコのカルパッチョみたいなのと、アンティチョーク、パスタはバジルのやつと、中にチーズが入ったトマトソースのやつ、そしてメインに牛肉のタリアータ。どれも美味かったが、バジルのパスタは正直我が家の自家製バジルペーストのパスタとさして変わらなかった。
それ以外は本当に美味かった。特にトマトソースがかかったチーズの入ったパスタが美味かった。
席は窓際にしてもらい、夜景も綺麗だ。少々高いが一度は行ってみる価値があるのではないだろうか。

 さて、満足行くディナーを食べた後は、丘を下りて夜のポポロ広場を写真に収め、ホテルに帰るため、地下鉄の駅に行ったが、駅の階段は既にシャッターが閉まっていた。
 ありゃりゃ、もう地下鉄は終わっていたのだった。まだ23時半にもなってないからあるだろうとおもってたのだが・・・。
仕方がないので、多少疲れてはいるもののまだローマ初日ということで元気もあって、バブイーノ通り沿いに歩いて帰ることにした。

 途中、スペイン階段を通ったが、相変わらず人がわんさかいた。こんなに観光客がいるんだから地下鉄やれよって感じだ。結局トリトーネ通りにたまたま見つけたバス停からバスに乗ってホテルに戻った。

多少ミスもあったが、一日中ローマ観光を満喫出来て、良いスタートが切れた。


>> 3日目へ