ベトナム・カンボジア旅行記 〜 カントーの水上市場
旅行記トップ > ベトナム・カンボジア旅行記 > 11日目



11日目(2002/08/19)



カントー水上マーケット

 6:30起床、ゲストハウスでゆで卵2つとフランスパンを食べてチェックアウト。
昨日雨に濡れたせいで鼻水が止まらない。7:30過ぎ、ツアーの集合場所に行き、川まで歩いてボートに乗った。昨日より天気は良さそうだった。
 ところが、ボートに乗ってしばらくすると、また雨が降り出した。シートをかぶせたものの、しずくで体は濡れてしまうし、風が吹いて体が冷えてしまうので、このままでは、本当に風邪をひいてしまいそうだった。

 しばらく行くと、川岸に無数の小屋が見えてきた。水上で生活する人々の家だった。少しでも川が氾濫したらこの家々はいったいどうなるんだろう?と思いつつも、ベトナムの人々の力強さを感じる景色だ。

水上で生活する人々

川の上なのにたくさんの家が建っている


 さらにボートは進み、今回のツアーのハイライトの一つである、水上マーケットに着いた。
川上に無数のボートが並び、野菜などを売っている。興味を持ったのは、ボートそれぞれに長い竿が立っていて、それに野菜などがぶら下がっている光景であった。それは、そのボートで何が売っているかを示すもので、人々はそれをみて、遠くからでもそのボートで何が売られているのかを知る事が出来る。動きがある程度限られる水上マーケットならではの風景だ。

さおに野菜を吊るし、何を売っているかを
伝える。看板のような役割だ。


次に訪れたのはライスペーパーを作っている工場だ。
ここで作られているのは少し大きめのものだった。


クレープのように1枚1枚焼く。

固まったら、竹で編んだざるの上で乾かす。
ライスペーパーの竹の模様はこの時に出来る。

ライスペーパーのもとが入った壷。
米の粉を水に溶かしたものである。


 ライスペーパー作りの見学の後は、しばらく川を下ってクルーズは終わり。
バスに乗り換えて途中のレストランで昼食をとった後、ヴィンロン市場やミトーの盆栽を見学。この辺は特に興味もなく、ほとんど消化試合状態になっていて、全く写真を撮っていないので、省略する。
 18:30にシンカフェ前にバスが到着。シンカフェTシャツを貰って1泊2日のメコンデルタツアーは終了。

 この日は、やはりファングーラオ通りのゲストハウスに泊まる事にした。ベトナム最後の一泊である。ゲストハウスの名前は「267」。メコンデルタツアーを一緒に行った大学生とシェアした。2人で12$。朝食付だ。

 明日は日本へ帰る日。近くのレストランで夕食を食べた後、ゲストハウスに戻って風邪気味の体にホットシャワーを浴びてゆっくり休んだ。
フライトは深夜なのでゆっくり起きることにした。



12日目へ