ベトナム・カンボジア旅行記 〜 ベトナム最後の日
旅行記トップ > ベトナム・カンボジア旅行記 > 12日目



12日目(2002/08/20)



ベトナム最後の日

 8:30起床。いよいよ帰国の日だ。
ファングーラオ周辺をブラブラしていると、前にホーチミンに来たばかりのときにクチトンネル等に連れて行ってもらったシクロのドライバーにたまたま会った。今日帰国することを伝えると、夜の8:00に待ち合わせることになった。
 午前中は、近くのスーパーマーケットに行って何を買うか考えることにした。この旅で、大きなスーパーに入るのは初めてであった。やはり大都市ホーチミンともなると、スーパーで殆ど何でもそろってしまう。ベトナムらしい調味料やヌードルもたくさんあってそれらを買うことにした。
ただし、手持ちのドンが殆どなかったので、両替してから再び来ることにした。

 この日は買い物以外特に予定していた事もなかったので、少し足を伸ばしてまともな物でも食べに行こうと考えた。
 向かったのはベトナムハウス。ドンコイ通りにある高級店だ。生春巻き、チキンのカレー煮、と野菜炒め、スープにライス・コーヒー・デザートがついて49,000VND。サービス料などが取られて57,000VNDくらい払った。
この旅の中で初めて高級な店で食べたが、とても美味しく、満足だった。店内は静かで、スタッフの対応も気持ちが良い。ドンコイ通りで観光・ショッピングをする場合は是非よってみる価値はある。



ベトナムハウスのランチ(49,000VND)

屋台のフォー(4,000VND)

再びファングーラオ通りに戻ると、雨が降ってきた。今回の旅では本当に雨によく悩まされる。
 午前中に行ったスーパーマーケットで、ライスペーパー、タレ(甘辛くしたヌックマム)、インスタントヌードル等を買った。こちらのインスタントヌードルは、やはりフォーが多く、珍しさのあまりいくつか買ってしまった。実は日本でも結構売っているが。

夜シクロのドライバーと待ち合わせていたので、ファングーラオ通り付近でみやげ物屋めぐりをしていると、そのドライバーが屋台で食事をしていて、声を かけられた。一緒に食事をしようと誘われたが、手持ちのVNDが4,000VNDしかなかったので同じ屋台で食べられず、隣の屋台でフォーを食べた。ベトナム最後の食事はやっぱりフォーで締めくくるのが良い。さっぱりしているがとても深い味のするスープと米麺、そしてたっぷりの野菜が添えられる。東南アジアでは、安い屋台で美味いものが食べられるが、そのなかでもベトナムが一番すばらしいだろう。
食事後、シクロのドライバーがコーヒーをおごってくれるというので、あまり観光客が来ないような裏通りでアイスコーヒーを飲んだ。
互いに片言の英語で話をし、ベトナム最後の時を過ごした。

夜8:00、バイタクで空港へ向かった。
こうしてベトナム・カンボジア旅行は幕を閉じた。